盗まれない対策をするならまずは盗聴器調査してみる

男の人と女の人

身近に潜む危険

男の人と女の人

いろいろな形の盗聴器があるので、自分で盗聴器調査するなら、どんな形があるかを調べましょう。電源の周りなら壊れたりするまで使われ続けるのでコンセント周りなどもチェックしましょう。小型化されているので家中探してみてください。

もっと読む

盗聴を疑う場合

レディー

盗聴器発見をするには「盗聴器が仕掛けられている」という事に気づくことが大切です。盗聴器によって探索の方法が異なり、専用の発券機を利用しなくても発見できることもありますし、専門家に依頼しなければわからない物もあります。

もっと読む

個人情報を盗まれる危険性

メンズ

警察の前に興信所へ依頼

企業にとって情報管理はとても重要ですが、個人にとっても同じです。例えば見知らぬ相手から携帯電話がかかってきたり、手紙が届いたりするのは個人情報が漏れているからです。そのような場合は個人情報を盗まれていると考えるべきです。最近は盗聴器をしかけるという違法行為が増えているのです。このような不安がある時はすぐに興信所か探偵社に盗聴器調査を依頼します。警察へ通報しても事件にならない限りは動いてくれませんので、まずは身近な興信所などに相談するのが一番良い方法です。盗聴器は非常に小型化しているので、素人では発見するのが難しいです。興信所や探偵社では盗聴被害が増加しているのに対応すべく、盗聴波をキャッチできる高性能機器を持っています。盗聴器調査をすれば必ず盗聴器を見つけ出すことができます。

デジタル対策ができる業者

盗聴器調査を依頼する場合は、興信所や探偵社の選び方が重要になります。比較的多いのがハンディ型の広帯域受信機だけで盗聴器調査をする業者です。このような業者は調査能力が低いので、巧妙に仕掛けられた盗聴器は発見できないのです。依頼する場合は複数の業者に見積もってもらって、盗聴器調査の内容について詳しく知る必要があります。例えばスペクトラムアナライザーやデジタル盗聴器でも見つけることができるかどうか確認するのです。料金だけで業者を選ぶよりも、多少高くても確実に盗聴器調査をしてくれる業者を選んだ方がプライバシーの保護については安心できます。また盗聴器調査を専門に行っている業者もありますから、そのような業者を選ぶという選択肢もあります。

自主的な追跡調査に活躍

オフィス

小型GPSを始めて使用する時は、お試し利用で機器の性能や癖を把握する必要があります。使い方で戸惑うと、肝心の調査に影響が出る場合があるため要注意です。小型GPSは相手に気づかれずに行動を監視できるとして、人気があります。最近では浮気の証拠の確保に、広く利用されています。

もっと読む